topics

家の寿命を長く伸ばしたいのなら、目に見える結露はもちろん床下や壁の中の目に見えない結露、「内部結露」をしない家造りを選ぶことです。結露発生のメカニズムは単純なことで、天気予報で言う雲が出来て雨が降るのと同じような現象です。
温かく湿った空気が冷たい空気やものに触れると結露水が発生するのです。「内部結露」の発生もこの現象とほぼ同じですが、天気予報と違うところは壁の中で発生しているので、空気が流れていませんから結露水が停滞して床下や壁の中で湿気てしまうのです。 つまり晴れの日がないということです。部屋の中の暖かい空気には水蒸気が沢山含まれています。その湿った空気と冬の冷たい外気が触れ合うところで先の結露が発生、 結露を難しい言葉で表すと飽和水蒸気量の限界値を超すといい、「空気中に含まれる水蒸気が飽和温度より低い温度の空気や物体に触れると水に変わり、物体に水滴が付着するという」ことです。「窓ガラスやサッシ枠をビショビショに濡らす結露」、皆さんも一度は目にしたことがあるでしょう。しかし、この結露には「見える」ものと「見えない」ものがあります。この目に「見えない」結露こそが、「床下や壁体内で発生している内部結露」。これは家族の健康と建物の耐久性を脅かすとても恐ろしい存在なのです。空気中の水分量は温度が低ければ少なく、温度が高いと多く含むことができると一定ではありません。よく高断熱だから大丈夫と言われますが、冬場の住まいは室内と外の温度差が激しく、結露が起こりやすい環境になってしまいますから、「内部結露」の対策がしっかりとしていなければ、床下や壁の中の結露で家が長持ちしなくなってしまいます。という思いからSPI工法は内部結露もしない家として外断熱・自然通気工法の採用をお薦めしています。