topics

新築時にデザイン性にあこがれて出窓サッシを採用すると、あとで後悔をするかもしれません。
出窓の良いところはデザイン性と外が良く見える事ですが、いざ暮らしてみるとこれだけ厄介なものはないようです。カーテンを閉めたままの所が多くなり、カウンターは物置状態、そして一番厄介なのが寒さと結露問題です。底冷えする、冷気を感じる、暖房をつけているのになかなか部屋が暖まらないということにもなりかねません。その原因は家の断熱性能にも関係しますが、熱は窓やドアの開口部、外壁や床壁天井などを通じて徐々に外に逃げていきます。その中でも、大きな熱の逃げ場となっているのが窓の部分です。出窓はその分ガラス面積も大きいのでその分熱が逃げやすいのです。部屋を暖めても58%近くの熱が窓部分から逃げてしまうといわれています。部屋の温度を保つためには、いかに窓周りの気密性・断熱性を上げるかが重要といえますから、新築の際には冬の防寒対策としてまず窓周りから始めましょう。部屋の内側から造作を工夫することによって出窓イメージを造ることも可能です。