topics

昨年の12月22日の冬至を過ぎてから太陽が出てくる時間がだんだん早くなって太陽の沈む時間が遅くなってきています。今年は寒くて寒くて、長い冬がやっと過ぎて活動的な季節がやって来ると想うと何だかうれしくなってきます。ところで冬至を過ぎたら昼間は1日どれぐらいずつ長くなってくるのか調べてみたら、調べた人がいてその結果がネットに出ていました。地域によっても多少違うそうですが、関東の場合は昨年の冬至である12月22日の日の出は6:47:38で日の入りは16:32:06で、冬至以降、1月13日の22日間で、昼間の時間は12分51秒長くなったそうです。これを単純に割り算すると、一日当たり35秒昼間が伸びているという計算になるそうです。比例して伸びていくわけではないそうですが、早起きなので朝4時になると明るくなってくる季節が恋しいです。