topics

この時期、朝は寒いけど昼間は暖かくなるという季節です。寒暖の差が大きいと着るものも迷ってしまいます。そしてなぜか頭痛も起きやすくアレルギー症なども発症しやすくなります。その中でも温度差が引き金になる頭痛が主に2つあります。その一つは緊張型頭痛で後頭部から首筋にかけて痛くなりハチマキで締め付けられるような圧迫感を伴う頭痛のことで、これは血行が悪くなると起きやすくなるそうです。例えば暖かい部屋から寒い外に出た時に寒さで急に血管が縮みますから首や肩の血行が悪くなり筋肉が緊張して頭の周りが痛くなる。こういう頭痛は、肩や首を温めたり、動かしたりすると痛みが軽くなるそうです。もう一つは片頭痛で、脈打に合わせてズキンズキン、ガンガンと痛み、頭を振ったりするとさらに痛みが増す症状の頭痛です。これは、血行がよくなり過ぎると起こり、寒い外から暖かい部屋に入ったとき、熱いお風呂に入ったときなどに寒さで縮んでいた脳の血管が急に広がるために血管の周りに炎症が起きて、広がった血管と炎症が感覚神経を刺激して痛くなる。このような場合は、痛むところを冷やすと症状がやわらぐそうです。頭痛もちの人は寒暖差によるものもあるので、痛みが来る前に自分で気をつけられることがあり、一つは、外に出る時は、この時期でもマフラーや帽子をかぶって、頭や首を冷やさないこと。もう一つは、部屋の中で暖房をかけすぎないことだそうです。室内の設定温度はなるべく低めにして重ね着をするなど工夫しましょう。ただし、頭痛には他にもたくさんのタイプがあるので命に関わるような深刻な頭痛もありますから、いつもと違うタイプの頭痛が起きたら、早急に病院へ行って診てもらってください。