topics

総務省の情報通信機器の普及状況の統計で、特に「スマートフォン」の普及率は62.6%と急速に普及が進んでいるようです。スマートフォンからの通信で機能操作がなんでも出来るようになってきています。そこで住宅に関するものもさまざまなアプリの開発が進んでおり、その中でも家の鍵を使わずにスマホでドアの鍵を開けるスマートロックを紹介しているものがあります。従来のように鍵を差し込む手間を省きスマホを使って家の鍵を施錠、解錠できる、画期的なアイデアだとは言っていますが本当に大丈夫なのでしょうか。いままでにもスマートロック内蔵の玄関ドアは開発されおりある程度実用化はされているようですが、既存の住宅に取り入れるにはドアごと交換する必要があり、交換する手間もかかりすぎるのであまり普及はしていないのが現実のようですが、ここにきて新築住宅に取り付けている住宅会社もでてきているようです。本当に大丈夫なのでしょうか。AI機器もその便利さを逆手にとってあらゆる面で悪用されているようですから、鍵だけでなくスマホを利用しての操作機能はよくよく考えて採用をするべきではないでしょうか。以前携帯電話を無くすと何もできなかったこと、困ったことを頭に入れておき何らかの対策も講じておかなければいけませんね。