topics

住宅の気密性については様々な言い分があるようです。気密性が高いと息苦しくなる、気密性は高すぎても低すぎてもダメ中気密がいい、気密性は高ければ高いほど良いなどと、それぞれの理由にも説得力があって迷ってしまうのではないでしょうか。どれが正解なのか、暮らし方や健康面に対しても自分なりに判断して決めなければいけません。その為にも気密性について把握しておくことが必要です。住宅を気密化にする大きな目的の一つは隙間を減らして熱の出入りを減らすこと。隙間風を無くすことで冷暖房に要するエネルギーを低減。二つ目は建物内の空気環境を自然換気と機械換気によって自在にコントロールが出来るようにするためです。この換気設備によって建物内の温度差を解消、安定した温度と湿度の管理が可能になります。また壁体内の結露発生や外気の汚染物質の侵入防止にも役立ちますから快適性と健康管理の向上にもつながります。家を購入する際には気密測定検査は欠かせません。つまり目に見えないところの施工精度の確認です。すでに完成した建物を購入する際は気密測定検査証の提示、検査証がない場合には再検査を要望してみても良いのではないでしょうか。住宅気密化の必要性は他にもありますがどれが欠けていても、ランニングコストや家の長寿命化、暮らしの中での快適性に大きな影響を及ぼします。その点気密住宅を機械換気だけに頼らず自然換気を併用したSPI工法の気密住宅の考え方にも一度耳を傾けてみてください。